ミドリムシの栄養成分

ミドリムシには、とても豊富な栄養が含まれています。ミドリムシは、地球上で唯一、動物であり植物でもあるため、動物性の栄養素と植物系の栄養素を両方持ち合わせています。

 

その数、59種類と豊富で大きく分類すると、5種類の栄養素です。

 

ビタミン類

ひとつめは、野菜に多く含まれる栄養素である『ビタミン類』です。αカロテン・βカロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK1・葉酸・ナイアシン・パテトン酸・ビオチンの計14種類があります。

 

ミネラル類

乳製品や海藻に多く含まれるミネラル類も豊富です。ミネラルには、亜鉛・リン・カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・鉄・マンガン・銅・カリウムの計9種類があります。

 

不飽和脂肪酸

青魚にも含まれる不飽和脂肪酸が11種類含まれています。DHA・EPA・パルリトレイン酸・オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・エイコサジンエン酸・ジホモy-リノレン酸・アラキドン酸・ドコサテトラエン酸・ドコサペンタエン酸です。

 

アミノ酸類

肉や卵に含まれるアミノ酸類は、18種類です。そのうち9種類のバリン・ロイシン・イソロイシン・リジン・スレオニン・メチオニン・フェニルアラニン・ヒスチジン・トリプトファンは、必須アミノ酸です。

 

その他の栄養素

他はアスパラギン酸・グルタミン酸・アラニン・アルギニン・プロリン・チロシン・チロシン・グリシン・セリン・シスチンです。残る7種類の栄養素は、キノコ類に多く含まれるパラミロン(β-グルカン)・クロロフィル・ルテイン・ゼアキサンチン・GABA・プトレッシン・スペルミジンです。

 

誰でも体に良いと聞いたことがある栄養素がふんだんに含まれていることがお分かり頂けると思います。このようにミドリムシは、人間が健康に生きていくために必須な栄養素を全て含んでいます。